前へ
次へ

一軒家の家屋管理は持ち主の役目

同じ持ち家でも一軒家は分譲マンションと違い、家屋の管理も自分でしなければなりません。
特に外壁塗装は建物の寿命を高める役割りがあるため、塗膜が劣化する頃合いを見て、定期的に行う必要があります。
さらに、分譲マンションに大規模工事があるように、一軒家も数十年ほど暮らせばリフォームが必要になります。
劣化状況によっては屋根を取り換える場合もありますが、もしもその際は軽量タイプの屋根にリフォームするのも得策です。
重い屋根だと家屋の重心が上に位置し、地震が起きた時に揺れやすくなります。
その点、屋根が軽ければ建物は低重心になるため、地震が起きても少ない横揺れで済むのです。
何より屋根が軽ければ家屋に掛かる負荷も軽減できるため、住まいの寿命を延ばしたい時にも魅力的です。
また、強度に着目するのも大切で、耐久性に優れる屋根を選び、施工は長期保証が付いている業者に頼みますと安心です。
先ずは複数社から見積もりをもらい、値段を比較すると良いでしょう。

Page Top